Your message has been sent, you will be contacted soon
株式会社 今尾電機|自動車専門|三重県鈴鹿市

今すぐお電話!
059-382-1287

閉じる

くるまのでんきや今尾電機からのお知らせ

ホーム » 取付け事例 » カスタマイズ » アバルト595にリアカメラを埋め込みで取付!後付け感のない見た目を追求しますよ。

アバルト595にリアカメラを埋め込みで取付!後付け感のない見た目を追求しますよ。

見た目。重要です。どんな車でも、車であるからには見た目も重要。

後付け感のない取付は、一つの大きなテーマ。おそらくほとんどの取り付けにおいて

もっとも重要なテーマになると考えています。たまにこのテーマを適用しないときもありますけれども

今回のお車はアバルト595(500)。まさにHOTなやつです。

すでに色々と手が入っておりますが、ご依頼はリアカメラの取り付け。

お客様の思いは一つ。いや、二つ。

安くて見栄えがいい。

ま、まぁいい感じのやつを探しますね。(;´・ω・)

値段も中堅どころで、目立たない埋め込み型のリアカメラを使用いたします。

取り付けるとすれば、やはりこのナンバー灯のところ。

まずは外して、加工の準備を致します。

こりゃもうやっと分解できました。

硬すぎでしょ。外れたら元も子もないですけれど、それにしても硬い。

とりあえず構造を理解して、奥行き寸法いけそうなところ探します。

こんな感じ。

ボールの角度は専用の工具で。

ええ感じですね、普通のリアカメラだと、台座がありますのでこんな風にはなりません。

うん、よかです。

やはり埋め込み型の場合、ほとんどわかりませんね。

リアカメラの映り具合を確認します。

見栄えも値段もそうですが、当然のこと、リアカメラの機能はしっかりしていないと。

見えますかね、画面の下。緑の物体。
緑の物体の正体は、私のメモ帳、測量野帳。

ここが限界の視点のようですね。

これより下にしますと、むしろ視界がバンパーになってしまいます。

ということで、全作業終了でございます。

今回一番大変だったのは、やっぱりナンバーのところの分解ですね、硬すぎ(*’ω’*)

ご依頼ありがとうございました~。

 

お問い合わせ