くるまのでんきや今尾電機からのお知らせ

ホーム » 修理事例 » アルファロメオ 147 シートヒータ修理依頼です。

アルファロメオ 147 シートヒータ修理依頼です。

アルファロメオ 147 シートヒータ修理依頼です。

145146の後継車種で、2000年モンディアル・ド・ロトモビルでデビューを飾り、2001年ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。スタイリングは当時アルファロメオ・デザインセンターに在籍していたワルテル・デ・シルヴァアンドレアス・ザパティナスヴォルフガング・エッガーの共同作業による。2004年に行なわれたフェイスリフトジョルジェット・ジウジアーロが担当し、ヘッドライト、テールライト、フロントグリルの意匠を大きく変更、内装アップグレードの他、新型ディーゼルエンジン追加、サスペンション改 良なども行なわれた。2010年に後継車種のジュリエッタが発表された。

エンジンは全て直列4気筒で、ガソリンが4種類、ディーゼルは6種類が展開された。駆動方式は、全グレードFFである。 トランスミッションは、5速マニュアルの他”セレスピード”と呼ばれるセミオートマチックトランスミッションも用意され、156で初めて採用されたセレスピードは、その後、細部の改良が進み格段に故障が少なくなったばかりか、変速時のタイムラグも若干ながら改善された。またステアリングの表側に設置されていた変速ボタンは、ステアリングホイール裏側のコラムにパドルの形で移設された。

サスペンションは、フロントにダブルウィッシュボーン、リヤにマクファーソンストラットを採用し、前後ともにコイルばねである。

因みに前期型のテールランプはASL・ガライヤに使用されている。

タグ: