くるまのでんきや今尾電機からのお知らせ

ホーム » 修理事例 » スバル レヴォーグ エアコン修理依頼です。

スバル レヴォーグ エアコン修理依頼です。

スバル レヴォーグ エアコン修理依頼です。
2013年11月20日、第43回東京モーターショーにおいて、ワールドプレミア。富士重工業(当時)社長の吉永泰之自らがプレゼンテーションを行い、その中で日本市場向け車種として投入することを明かした[1]。

基本設計は4代目インプレッサをベースとしており、エンジンも水平対向4気筒、更にスポーツセダンのVA系WRXと同時開発・共通設計化することで経営資源の効率使用が図られている。

ボディサイズは日本の道路事情と取り回し性を熟慮し、5代目レガシィツーリングワゴンより全長を100mm短縮し、全高を70mm低くすると同時に、ホイールベースを100mm短縮した[2]。

公式発表の少し後に5代目レガシィの受注を2014年6月30日で終了し、同年中に次期モデルの発売がアナウンスされたが、レガシィはセダンモデルのB4とクロスオーバーモデルのアウトバックの2タイプのみの設定となるため[3]、5代目で生産終了となるレガシィツーリングワゴンを引き継ぐ後継車種の位置づけとなる。ちなみに、レガシィからのモデルだと、6代目のツーリングワゴンである。

レヴォーグは当初は国内専用車とされていたが、ステーションワゴンの需要が高い欧州市場にも投入することとなり、2015年3月に開催される第85回ジュネーヴモーターショーにて欧州仕様車が出展された[4]。これに先立って2015年1月にはスバルUKが同年秋から英国市場で発売開始することを発表し[5]、その後販売を開始した。

2015年からは香港でも販売されており、2016年からはオセアニア市場、台湾、シンガポール、フィリピンなどでも販売されている。

ジャパンカップサイクルロードレースではニュートラルカーとして利用されている。