Your message has been sent, you will be contacted soon
株式会社 今尾電機|自動車専門|三重県鈴鹿市

今すぐお電話!
059-382-1287

閉じる

くるまのでんきや今尾電機からのお知らせ

ホーム » 修理事例 » エアコン修理 » アコードユーロRのエアコンが効かない原因、それは過去の事故にあったのかも?!エアコン修理で修復です!

アコードユーロRのエアコンが効かない原因、それは過去の事故にあったのかも?!エアコン修理で修復です!

昨日は(私だけ)お休みを頂戴いたしまして、ありがとうございました。

さて、まだまだ残暑厳しい日本列島。

今回は今年なんだかご入庫が多い、この車種!

アコードユーロRでございます。

なんだか今年はご入庫が多いんです、修理なのでいいのやら悪いのやら(^^;

さて、今回の症状はこの年式らしくガス漏れに加えて、エアコンも入らない

フルコースの修理となります。

それでは修理を始めます。

コンプレッサー

エバポレーター

コンデンサー交換。すべてからガス漏れ反応がございますから。

まずはエバポレーター。

あ~、、、これはあかんです。

見ていただいていかにも壊れてそうですが

正しく「ダダ洩れ」

こんな状態では一週間も持たないことでしょう。

持った感触が湿って、、いや濡れています。

これはひどいや。

お次はエンジンルーム、コンデンサー。

あ~、、、こっちもあかんです。

円状に大きな漏れ跡が見てとれます。

お疲れ様です、新品に交換です。

交換していると、いかにも曲がった跡を発見。

う~む。

かなり湾曲しています。

これだけ曲がっていると、残念ながら新品のコンデンサーが取り付けられません。

これ以上費用が高くなるのはNGですので、、

叩いて直します(もちろんお客様ご了承ですよ!笑)

たぶん、ここですね、ここ。

突き上げたんでしょうか、、、?

ということで治しました。

どうです、違和感ないでしょう。

これでコンデンサーも交換できますわ、、、安心。

コンプレッサーも万事交換完了。

ついでに、ついでに?

すっと不治の病だったパワーウインドウも直しました。

エアコン修理の際は、ほかの調子が悪いとこも併せて点検も可能ですので!

ご依頼、ありがとうございました~

 

お問い合わせ