くるまのでんきや今尾電機からのお知らせ

ホーム » 取付け事例 » VWトワレグに、ディライト取付依頼です。

VWトワレグに、ディライト取付依頼です。

VWトワレグに、デイライト取付依頼です。

001

2002年発表・発売開始。 ディーゼルエンジンの2.5L/直列5気筒TDI、3.0L/V型6気筒TDI、5.0L/V型10気筒TDI、ガソリンエンジンの3.2L/V型6気筒、4.2L/V型8気筒、のラインナップがあり、日本にはガソリンエンジン仕様(3.2L/V型6気筒、4.2L/V型8気筒)のみが導入されている。2005年には世界限定500台(うち、日本への割り当ては100台)で、6.0L/W型12気筒(W12/WR12)搭載の「W12 SPORT」が発売された。尚、このW12スポーツは日本で販売されるフォルクスワーゲン車として初めて1,000万円を超えた。

2006年、フォルクスワーゲン傘下のアウディから、更なる姉妹車であるクロスオーバーSUVアウディ・Q7が発売された。

初代(後期型)

2007年にはマイナーチェンジが行われ、ガソリンエンジンは3.2L/V型6気筒が3.6L/V型6気筒FSI(直噴)に、4.2L/V型8気筒が4.2L/V型8気筒FSIに変更されたほか、ワッペングリルの採用に加え2,300点の部品が更新された。エンジンは、V型6気筒FSIの出力が向上した。日本国内に輸入・販売されるモデルにはサイドアンダーミラーが付着され、アウディ・Q7にみられるような保安基準に準拠するカメラやモニターは装備されなかった。プレミアムクロスオーバーSUVに不恰好なサイドアンダーミラーは支持されず、MY08ではカメラ及びバックミラー内蔵式モニターが標準装備となった。

2009年、環境対応技術であるブルーモーションテクノロジーの下にプロトタイプの「トゥアレグV6TSIハイブリッド」を発表。アウディS4などに搭載されている3L、V6スーパーチャージャーのガソリン直噴エンジンと38kwの電気モーター、アイシン・エィ・ダブリュ製8速ATで駆動する。バッテリーは三洋電機ニッケル・水素充電池を使用。ちなみにセンターデフは電子制御の湿式多板クラッチから機械式のトルセンへ変更されている。